カテゴリー別アーカイブ: なし

0002

目に疲労が蓄積していくと、疲れ目が増長してしまいます。さらに、ケアをしないままにしてしまうと、眼精疲労へと悪化してしまいます。眼精疲労の状況になると、症状はそう簡単には改善しません。なるべく最初の段階で疲れた目を休ませることが重大なポイントとなります。
同じ体勢を長い時間にわたって継続させると肩や首周りの筋肉もフリーズして、筋肉に負荷がかかります。さらに、血行が悪化すると、生まれた活性酸素が増えていきます。活性酸素を放置すると頭痛や肩こりとなってあらわれるほか、目にいろいろなストレスがかかります。眼鏡をかけている状態でも、度が強かったり弱かったりすると眼精疲労になることがあります。
そうした原因には、眼鏡屋で眼鏡をつくると過矯正になったり、入れなくてもよい乱視矯正をやってしまうことにあります。過矯正は遠方を見る際は何とか見えても、近くを見るのは難しくなります。

目の疲れを放っておくと、少しずつ悪化してしまいます。

第一段階として、ちょっと目が疲れる程度の症状がでます。
これが疲れ目の初期症状で、目を一旦休ませたり、睡眠を多くとることで回復します。しかし、放っておくと、目が受けている負担が消えません。まぶたの筋肉に負荷がかかることで固まることが原因になります。まぶたの筋肉が固まると、まぶたの縁にあるマイボーム腺から発生する脂分の出が悪くなることが一つの要因となって眼精疲労によるドライアイの状態になるのです。極力まぶたの筋肉をやわらかくし続けることが大切です。

今現在、ドライアイは眼精疲労の原因の一つとして関心を向けられています。長い時間コンタクトを使用したことによる酸素不足の慢性化、不適切なケア、涙があまり出ないなどの事態が続くと、眼精疲労の原因に眼精疲労と悪化してしまうのです。1時間休みなくパソコン画面を見つめたら、1分間くらい目をつむり目を休ませてください。とても簡単にみえますが、その短い休息が眼精疲労を予防することにつながっていくのです。思わず熱中してしまい休まずに続けないよう心掛けてください。

コンタクトは、装用時間の厳守と適したケアが必須です。

装着時間の理想としては13時間で、装用時間分は休息させたいところです。

しっかり決められているようにケアを行うことが安全なコンタクト装着のポイントとなります。眼精疲労になると、例を挙げると目がすぐ乾いたり、夕方になると目がかすみ、すぐ近くや遠いことろに焦点が定まらなかったりします。

そのほか目の充血、目の奥の痛み、まぶたが開かなくなるといった事態があります。

眼球以外にも大変な症状に発展する場合も少なくありません。今の状態の仕事を継続させているかぎり、眼精疲労の状況は変わりません。

眼精疲労を治すために治療を継続しても、1年中、目に負担をかける仕事をずっと続けるのが一般的でしょう。そうなってしまうと眼精疲労の治療の効果も十分に生かされないことも想定されます。
aaaaaaaa